ひとりっ子がひとりっ子育ててます。

小1の壁でワーママ卒業し専業主婦に。一人っ子の育児と日々の暮らしの思いを綴ってます

日記のネタに翻弄される大人たち

【スポンサーリンク】

娘の学校では、週末になると作文の宿題が出ます。

作文は特にテーマはなく、何を書いてもよいはずなのですが、どうやら子供たちは週末に「なんか特別なこと」をしなきゃいけない、と勘違いしているようです。

f:id:ranmarukuro:20171219100006j:plain

日記のネタのためにお出かけを要求

金曜日になると娘が「土日は何するの?」と聞いてきます。特に何もない場合は「どこにも行かないよ」娘は「日記になに書けばいいの!」とブーイング。書くネタがないブロガーか!!しかも、日記のネタはかぶらないようにするのが彼女の鉄則らしく「じゃあ、縄跳びの練習のこと書いたら?」と提案すると「それは前に書いたからかぶっちゃうじゃん」といっちょ前のことをいってきます。小1の作文なんて、なに書いたってかわいいんだから何でもいいと思うけど。娘の日記のネタのために週末は何かしたり、出掛けたりと、ちょっと「困ったね」という感じでした。

 

保護者の間でも日記のことが話題に

娘の通うピアノ教室には同じ小学校の1年生が何人かいます。その中の1人の女の子が大きい声で「日記に書くことがなーい!」と叫んでいるところを目撃しました。ちなみに、その雄叫びをあげていた女の子のお母さんは働いています。予想するに、週末は家事や用事で忙しく、なかなか出かけられないのではないのでしょうか。別のお母さんと日記について話したところ、「日記を書くのに、どこかに連れて行けって言われて困ってる」と伏し目がちに語っていました。

 

ついに作文の宿題が週末ではなくなった

週末に出ていた作文の宿題が、何故か木曜日に出されることになりました。作文が木曜日になったことについて「もしや、クレームでは?」と推測しています。私は専業主婦なので、平日に家事や用事を済ますことが出来ますが、働いているお母さんはとても忙しいので、日記のために子どもに「どっか連れてけ」と言われるのは正直しんどい、というところでしょうか?

そもそも日記ネタの問題点は、子どもの週末に出掛けたり何かしなきゃいけない、という思い込みです。先生も親も「なにか特別なことじゃなくていいんだよ」と子どもに教えればいいだけのハナシなんですけどね。小1だと理解するの、ちょっと難しいみたいです。

 

にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ
にほんブログ村

 お読みくださりありがとうございました。