ひとりっ子がひとりっ子育ててます。

小1の壁でワーママ卒業し専業主婦に。一人っ子の育児と日々の暮らしの思いを綴ってます

元・ワーママ代表選手の名言を聞いて、「自分はまだまだだ」と思ったはなし

【スポンサーリンク】

先日、パート先の先生が、私の歓迎会を開いてくれました。

 

私のパート先は、訪問診療だけをやっている診療所で、働いている人は、先生・看護師さん・事務の女の子・私、と4人だけです。

完全アットホームな職場で満足してます。

 

www.ranmarukuro.com

 

先生と看護師さんは、日中は診療に出てしまうので、基本あまりしゃべることはありません。

先生は優しくてジェントルマンな感じですが、看護師さんはハキハキしていて「気の強そうな人だな~」と内心、ビクビクしていました。

 

歓迎会で話をしてみて、看護師さんがめちゃくちゃ面白い人でした!

 

看護師さんは50代の半ばで、ひとり娘を育てながら看護師を続けました。お嬢さんは、24歳の社会人となり、今は家を出ているそうです。

この年代でワーママをやっていたのは、かなり大変だったと推測します。

ここの診療所で働く前は、イギリスにひとり留学していたとか・・・

そんなパワフルな、元ワーママ代表選手の名言がすごいのでご紹介したいと思います。

 

f:id:ranmarukuro:20180314163710j:plain

 

男には何を言ってもムダ

 

看護師さんは、夫に家事と育児をお願いしてもムダなので自分で全てやったと言っていました。何回言っても、ダメだったので諦めたらしいです。

「男はさ~何回言ったって、聞いてないから。言うだけ無駄よ!!」

明るっ!!

諦めて全てやっても、文句言わないとこがすごい。

 

子どもなんて、勝手に育つ

 

保育園に預ける時は「いかに熱を出さないか」を常に意識していたそう。

小学校は学童を嫌がったので、速攻でかぎっ子に。

「子どもなんて、自分が育てなくても、周りが助けてくれるし、勝手に育っていくものよ~」

これくらいの覚悟がないと、両立できないとのこと。

す、すごい。私には真似できない。

 

真面目に生きたってしょうがない

 

「人生、楽しんでなんぼよ~」

さすが、50代で留学した人は言うことが超前向き!!

子どもが巣立った時に、色々やりたくなったらしい。子どものことだけじゃなく、自分の人生を楽しむ姿勢が素晴らしいですね。

ポジティブシンキング、見習いたいです。

 

買い続けていれば、いつかは当たる

 

これは宝くじのことです(笑)

「絶対当たると信じて買い続ければ、いつかは当たるから~」

実際、宝くじで70万円当たったそうです。

「でも、70万以上買ってるけどね!」

細かいことは気にしない、おおらかさ最高です!!

ちなみに先生も、買っているそうですが(医者でも買うことに驚いた)一度も当たったことはないそうです。

看護師さんに「信じる気持ちが足りない」と言われていました。

 

 

以上、元・ワーママ代表選手の名言のはなしでした。

これ以外にも、面白いこと言ってたんですがメモできなかったので忘れてしまいました。残念です。

私の心に一番ストライクしたのが、「真面目に生きたってしょうがない」ですね~。

真面目しか取り柄がない私には、完全突き刺さりました。

なかなか人生楽しめない自分には、痛いところです。

 

ホント、前向きで、周りの人を明るい気持ちにさせてくれる人になりたいです。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村