ひとりっ子がひとりっ子育ててます。

小1の壁でワーママ卒業し専業主婦に。一人っ子の育児と日々の暮らしの思いを綴ってます

結婚10周年を迎えて、夫にありがとうと伝えたい

【スポンサーリンク】

10年前の今日、私たち夫婦は入籍しました。

 

なんやかんやで、あっというまの10年間。

色々ありましたが、娘もすくすく育っており今は幸せです。

 

この10年を振り返って、私たち夫婦の関係も変化しました。

二人だけの時は、お互いのことだけを考えていればよかったのでパートナーって感じでしたが、今は娘を育てるチームメイトになりました。

娘は私たちにとって、かけがえのない存在になり、また私たちも、娘の存在によって、よりかけがえのない家族になりました。

 

 

こうして今は、良好な関係を保っている私たちですが、娘が産まれてしばらくは、「産後クライシス」的な時期もありました。

ワーママとして仕事と育児を両立している時は、夫との関係があまり良好でない時もありました。

今は、たまにイラっとすることはあっても、基本関係は良好でケンカをすることはめったにありません。(あっても私だけが怒ってる)

夫は善良で家族を大事にしてくれます。

どうしてそうなったかというと、夫の人生に対する価値観が結婚した当初とはだいぶ違ってきたからだと思います。

f:id:ranmarukuro:20180408231701j:plain

 

娘が産まれて半年ぐらいたった頃。

夫が原因不明の目まいと頭痛に悩まされていた時がありました。

脳を調べても、耳鼻科で目まいの検査をしても、どこも異常なし。

おそらくストレスによる自律神経失調症でした。

同時に大腸の検査で引っ掛かり、その年は大腸ポリープの手術もしました。

 

そして私も同時期に腎臓の検査をしたりして、色々なことが重なった時期でした。

娘も小さく、初めての子育てでいっぱいいっぱい。

仕事も多忙で、昇進のプレッシャーも大きかったようです。

 

大腸ポリープの手術が終わった頃から、目まいの症状は改善してきました。

治るのに半年くらいかかりました。

その後は、目まいは良くなったけど今度は逆流性胃腸炎になり胃炎で不調。

 

なんやかんやで夫の体調不良は3年ぐらい続きました。

 

この不調がきっかけで、夫の価値観が大きく変わりました。

 

何より健康が大事。

仕事で他人と争って、昇進することに意味はない。

自分の人生を楽しくする方が重要だ、と。

 

それから、夫は変わりました。

積極的に運動し、健康に気を遣いました。

飲みに行くことも、ほとんどなくなりました。

娘とも遊んでくれるようになりました。

 

仕事は真面目にやっていましたが、以前のように同期の昇進に心を打ちのめされることもなくなりました。

代わりに、資産運用を始め株をやるようになりました。

(私が株をやるようになったのも夫の影響です)

 

結婚した当初は、夫がこんな風に変わるとは思ってませんでした。

以前の夫は、優しかったけれどどこかフワフワした感じというか軸がなかった。

仕事が大事で、他人の目を気にしてた。

 

 

私は今の夫の方が断然好きです。

家族を大切にして、自分も大切にする。

以前、ブログでも書きましたが、夫の価値観の根底にあるもの。

人生の最後で振り返った時に、楽しい人生だったと思いたい

 

www.ranmarukuro.com

 

私がワーママで大変な時に、夫の体調不良が重なったため、当時は夫婦関係があまりよくありませんでした。

私は協力してほしくても、夫はその余裕がない。

本当は、そんな時にこそ夫婦で協力して乗り越えるべきだったのに。

 

夫の体調が回復し、私も仕事を辞めてから、夫婦関係が一気に良好になりました。

やっぱり、お互い余裕がないとダメですね。

仕事ばかりでお金があっても、時間と心の余裕がないと壊れていってしまう。

そんな寂しい人生は送りたくないです。

 

今の夫は、そんな体調不良時代からは考えられないくらい健康になりました。

健康診断では、ほぼオールA!!

医者からも褒められます。

趣味はマラソンと登山。

週末は走って、ふと夫を見ると怪しく筋トレ中・・・。

 

 

順風満帆ではありませんでしたが、今は家族が健康で楽しく過ごせております。

昨日は、夫が結婚10周年のお祝にネックレスを買ってくれました。

大切にしたいと思います。

 

こんな私だけど、10年一緒に過ごしてくれてありがとう。

これからもよろしくお願いします。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村