ひとりっ子がひとりっ子育ててます。

小1の壁でワーママ卒業し専業主婦に。一人っ子の育児と日々の暮らしの思いを綴ってます

小学生娘に読ませたい!アラフォーママ、昔懐かし児童書シリーズ

【スポンサーリンク】

前回のブログで、スターやブックマークしてくれた皆様。

ありがとうございました!!

そして、ブックマークやコメントでアドバイスしてくれた方々!!

参考になりました!(^^)!心から感謝しております。

 

www.ranmarukuro.com

 あれから、娘に「ママは大変だから、ペアゼットやめようと思ってるんだけどどう思う?」と聞いてみたら、「やめない。続ける」とのこと。(おそらく、テストを提出してポイントを貯めるとプレゼントが貰えるので、そのプレゼントが欲しいもよう)

私も躍起にならないで、できる時にやればいいくらいの気持ちでいようと思います。

本音を言えば、高いし面倒だしやめたいけど、続けるって言っているので、しばらくは様子を見ようと思います。

ピアノも「練習しないんだったら、やめてもいいんだよ」と言ったら「やめるわけないでしょ!!」と言っておりました。ピアノも、家にキーボードしかないので、続けるのであれば、ちゃんとしたピアノどうしよう・・・という問題が。

 

~習い事 やるのはいいけど 金かかる(らんまるクロ 心の俳句)~

 

 

と、いうわけで導入部分が長くなってしまいました。

 

娘の教育に悩む、今日この頃。

娘とペアゼットをやっていて、娘は国語の文章の読み取り問題に弱い。

ネットで検索すると、どんな勉強においても、国語力というのは一番大事。

文章を正しく理解して、読み取れないと、他の教科にも影響が出る。

ならば、国語力を鍛えるにはどうすればいいか?

 

やっぱ読書でしょ!!(林先生風に)

 

娘は、自分で読書をしません。

夜寝る前に、私が読み聞かせをしています。

学校では読んでいるみたいだけど、一人で読んで内容を理解しているのか怪しいところ。

ここは、母である私が本気を見せないと!!

 

と、いうわけで(導入部分長くてすいません)

図書館でイロイロ借りてきました。

 

f:id:ranmarukuro:20180419085505j:plain

 

 今まで、娘が気にいっている「ルルとララ」シリーズぐらいしか、借りていなかったけど、これからは読む読まないに関わらず、どんどん借りていこうと思っています。

娘は、絵が可愛くないと読まない傾向にありますが、読んでみないと面白さは分からないことを、しつこく伝えていきます。

 

 

図書館で、児童書を物色していて、私が子どもの頃からある本もたくさんあって懐かしく思いました。私が子どもの頃からなので、かれこれ30年以上も読まれていることになります。

そこで、かつての昭和キッズの昔懐かし児童書シリーズを紹介したいと思います。

 

 

こまったさんのスパゲティ (おはなしりょうりきょうしつ 1)

こまったさんのスパゲティ (おはなしりょうりきょうしつ 1)

 

 

こまったさんシリーズ。

昨日の夜に、娘と読みました。娘は「絵がかわいくない」とブーブー言ってましたが、読んであげると「ママ、面白いね!」と言っていました。こまったさんに出てくるお料理がおいしそうで、おいしそうで・・・。スパゲッティが食べたくなったので、今夜はナポリタンにします!

いや~懐かしかった。

 

同シリーズで、わかったさんもありますね。

 

わかったさんのクッキー (わかったさんのおかしシリーズ)

わかったさんのクッキー (わかったさんのおかしシリーズ)

 

 わかったさんが出た頃は、もうこのシリーズ卒業してたから、私は読んでません。

 

 

ふしぎなかぎばあさん (あたらしい創作童話 6)

ふしぎなかぎばあさん (あたらしい創作童話 6)

 

 ふしぎなかぎばあさんシリーズ。

懐かしい~!!めっちゃ昭和!!

でも、内容忘れてるので、娘と一緒に読みたいです。楽しみだな。

全然、ハナシ変わるけど、昔「スプーンおばさん」ってアニメやってましたよね。

あれ、大好きでした。

こういう、後ろ髪をおだんごにしているおばあさん、今は見かけないですね。

 

 

スパゲッティがたべたいよう (ポプラ社の小さな童話 6 角野栄子の小さなおばけシリーズ)

スパゲッティがたべたいよう (ポプラ社の小さな童話 6 角野栄子の小さなおばけシリーズ)

 

 おばけのアッチシリーズ。

作者は「魔女の宅急便」を書いた角野栄子さんです。

アッチ、可愛いですね~。絵が昭和チックで素敵です。

 

 

それいけズッコケ三人組 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫)

それいけズッコケ三人組 (ポプラ社文庫―ズッコケ文庫)

 

 懐かしズッコケ三人組シリーズ。

昭和キッズなら、だれでも一度は読んだことがあるんじゃないでしょうか?

娘には、ちょっと長いかな・・・と思ったので、今回は借りなかったのですが、私が懐かしくて読んでみたいと思いました。

現在、一般書籍で、続編にあたる『ズッコケ中年三人組』というシリーズが出ているそうです。50歳になった、ハチベエ、ハカセ、モーちゃんの『ズッコケ熟年三人組』という完結編も出ています。合わせて読んでみたい!!

それにしても、『ズッコケ』って言葉、最近聞かないですね。

 

 

以上、アラフォーママ、昔懐かし児童書シリーズでした。

完全に個人的なチョイスになってしまいました。

最近の児童書も良いですが、昔懐かしの児童書を、「お母さんが子どもの頃、大好きだった本だよ」と教えてあげながら、一緒に読書するのも、楽しいですね。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村