ひとりっ子がひとりっ子育ててます。

小1の壁でワーママ卒業し専業主婦に。一人っ子の育児と日々の暮らしの思いを綴ってます

母に「ひとりっ子で可哀そう」と言われました

【スポンサーリンク】

昨日は、母と一緒に、都内の漢方を処方してくれる医者に行きました。

 

母は、昨年の9月に父を亡くしてから体調が悪くなってしまいました。

原因不明のめまいと食欲不振で、すっかり痩せてしまって元気がありません。

 

医者には、「自立神経失調症」と言われています。

配偶者との死別は、ストレス度100%と言われるぐらい重いもの。

精神的に厳しいことになることは、当然ですが、私としても、もちろん本人としても、早く元気になって、前向きに生きていきたい、そう思っています。

f:id:ranmarukuro:20180511142025j:plain

 

近所の心療内科で薬を処方してもらっているのですが、薬の量が膨大すぎて、このまま飲み続けることに不安がありました。

しかも、あまり改善しているとは思えません。

そこで、以前に夫が自律神経失調症になった時にお世話になった、漢方を専門としている医者に母を連れて行くことにしました。

 

そこのクリニックの先生は、優しくて話を聴いてくれるので母も安心したようです。

母の体調に合った漢方を処方してくれました。

 

普段は母と会っても、娘と一緒のことが多いので、ゆっくり話すことが出来ないのですが、昨日は母と二人だったので、色々話すことが出来ました。

 

父が生きている時は、大変でした。

病気もそうだし、父の性格にも問題があるし、何よりお金が大変でした。

亡くなった時、私はもちろん悲しかったけれど、どこかでほっとしている自分がいました。

母も、父とはケンカばかりだったので、内心ほっとしているんじゃないかと、私は思っていたのですが、実はそうじゃなかったみたいです。

母は、あんな父でも、いないと寂しかったのです。

母は、今は実家で一人暮らしです。

結婚してから、40年以上一緒に生きてきた人がいないんだから、寂しくて当たり前なのに、私は母の寂しさを見て見ぬふりをしていました。

 

母には、姉と妹がいます。

3人姉妹の真ん中です。

3姉妹は仲が良くて、電話したり旅行したりしています。

母は、私に言いました。

「私は、姉妹がいるから何とか孤独にならずにすむけど、あんたは一人っ子だから可哀そうだね」

 

娘である、私の存在は、もはや母の孤独を癒す存在ではないのです。

母にとって、私はもう別の家族を持った一人の人間。

気をつかうべき人になったのかもしれません。

私に頼ると、私が心配すると思っているようです。

 

娘である私も、孫である娘も、父の代わりにはなれない。

私たちと一緒にいることと、父のこととは別問題で、父がいない孤独は私たちだけでは解決しないようです。

なんかうまく言えないけれど。

 

 

いつか、私より先に夫が逝ったら。

私も、母と同じ気持ちになるんだろうか。

今は、いつもへばりついている娘が、大人になり別の家族を持ち、当たり前だけど私とは違う世界にいる。

娘には、心配をかけたくなくて、一人で孤独に耐えるんだろうか。

私には、兄弟がいない。

娘以外に、血がつながった人間がいない。

ひとりっ子は可哀そう?

そういう意味では、可哀そうかもしれない。

娘には、兄弟どころか、従兄弟もいない。

娘には、血のつながり関係なく、愛に溢れた人間関係を築いて欲しい。

ひとりっ子でも、自分の生き方次第で、可哀そうじゃなくなるはずだから。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村