ひとりっ子がひとりっ子育ててます。

小1の壁でワーママ卒業し専業主婦に。一人っ子の育児と日々の暮らしの思いを綴ってます

「相手の立場になった提案」をできるようになった娘に感動したはなし

【スポンサーリンク】

おはようございます、らんまるクロです。

昨日の台風は、想像以上に大変なことになりました。

娘の通う学校も、早帰りとなったため、私も仕事を早退しました。

大阪に住む友人宅は停電となり、ガスで米を炊いている、と言っていました。

 

被害に遭われた皆様が1日も早く、通常の生活に戻れますように・・・。

 

さて、今回は親バカで申し訳ないのですが、娘の成長に感動した話です。

甘えん坊でワガママな娘ですが、母が思っているよりずっと大人でした。

f:id:ranmarukuro:20180905084831j:plain

 

二人姉妹の誕生日プレゼントを買いに行く

 

週末に私の友人宅に泊まりに行くことになりました。

友人には、5歳と3歳の女の子がいて、娘は子ども達とも仲良しです。

友人の下の子が、先週にちょうど3歳になったので、誕生日プレゼントを買おうとなりました。

 

私と娘は、サンリオや雑貨店で誕生日プレゼントを物色しました。

上の子にはプレゼントをあげていないので、上の子にも何か買わないとね、と娘に話しました。

娘には予算を伝えて、二人のプレゼントを選んでもらいました。

 

私は3歳の下の子には、すごく可愛い猫のぬいぐるみがあって、見た目も高そうだしいいかな〜と思いました。

5歳の上の子には、ちょっとお姉ちゃんだし、プリンセスのコップとかアクセサリーとか文房具がいいかな、と。

 

娘に選ばせると言いつつ、娘を信用していなかった私。

その後、娘の相手に対するプレゼントの考え方に脱帽するのでした・・・。

 

娘が出した答え、母は感動!!

 

娘が悩んでいるようなので、下の子にはぬいぐるみで、上の子にはアクセサリーがいいんじゃない?と提案しました。

ところが、娘は「すみっこぐらしのぬいぐるみがいいと思う」

 

実は以前、今回泊まりに行く友人から、娘の誕生日にすみっこぐらしのぬいぐるみを頂いたことを覚えていたようなのです。

すみっこぐらしのぬいぐるみは、小さいぬいぐるみで、たくさんのシリーズが出ている癒し系のぬいぐるみです。

(上の写真がすみっこぐらしのぬいぐるみ)

娘はこう言いました。

「可愛いぬいぐるみが一つとか、ネックレスが一つとか、ケンカになるかもしれない。でも、すみっこぐらしのぬいぐるみを、一人に2つずつあげれば、ケンカにならないで、一緒に遊べると思うから」

 

私は、娘の考え方に感動してしまいました。

私は子どもの年齢に合ったプレゼント、と考えていましたが、娘は「ケンカをしないで、二人で楽しめるプレゼント」を提案したのです。

ちょっと予算オーバーでしたが、娘が頑張って考えたんだな、と思うとそれを尊重しようと思いました。

 

プレゼントは結局、すみっこぐらしのぬいぐるみを一人に2つずつ。

後は、娘と二人姉妹お揃いのヘアピンを買いました。

 

泊まりに行く時は、娘のすみっこぐらしのぬいぐるみも持って行きます。

3人で遊べるといいですね。

 

 

いつも甘えん坊な娘ですが、私の知らぬ間に自分の考えを持った優しい女の子に成長していたことを嬉しく思いました。

親バカですいません!!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村